不動産売却の達人道!不動産売却・査定Navi

不動産売却の基礎知識やコツなど 情報収集!査定などの売却活動の応援サイト!

不動産売却基礎知識

不動産売却の基礎知識- 03不動産譲渡所得税とはどのような税金か

更新日:

ぜい不動産を購入したことがある人は分かると思いますが、不動産を購入する際にはいろんな税金を支払う必要があったと思います。不動産を購入したことがない人であっても不動産購入する際には税金がかかるというのは何となく想像がつくと思います。しかし、不動産売却の際にも税金がかかるということをご存知でしょうか。

現在、不動産売却を検討していて不動産売却一括査定のサービスなどを利用して査定額をチェックしている人もいるかと思いますが、不動産売却一括査定によって査定してもらった売却額から税金が引かれることになるということは頭に入れておく必要があるでしょう。不動産売却の際にかかる税金の一つに不動産譲渡所得税というものがあります。不動産譲渡所得税とは、売却した際の価格が購入した時の価格より多くて、結果として利益となったケースに、その差額は所得ということになり、その所得に対して税金を支払うことになるのです。正確には、購入額に購入した際と売却した際に掛かった諸費用を合わせても売却額の方が多くなる場合に税金が発生することになります。この不動産譲渡所得税の税率はその不動産を所有している期間によって異なってきます。不動産を所有している期間が5年を超えていると長期譲渡所得となり税率が低くなり、5年を超えていない場合は短期譲渡所得となり、税率は高めになります。税金の支払いは不動産売却を行った年の年末に確定申告をして税金を納めることになります。

-不動産売却基礎知識
-, , , ,

Copyright© 不動産売却の達人道!不動産売却・査定Navi , 2017 AllRights Reserved.